未分類

気まずい職場の人間関係が回復する!?ちょっと我慢の、ある方法。

投稿日:

スポンサーリンク

陰口や愚痴は、職場で言うのやめた方がいいよ!という話です。

 

この記事の内容は

●人間関係が気まずくなる理由は

陰口や愚痴が多い。

●愚痴を職場で言わなくなると、

人間関係が円滑になる。その理由。

となっております。

 

この記事を書く事になった経緯

私は今の職場(介護)で、

陰口言ってしまい、

その相手(女の先輩)が

近くにいたようで、内容が

伝わってしまった事があるんです

(;´д`)

 

関係は当然悪化し、

業務に支障が出始めたので

修復しようと試みました。

 

 

そこで試したのが、

職場で、陰口・愚痴を言わない。

 

誰かが愚痴を言っていても

絶対に同調しない、

という事を実践しました。

 

すると約3ヶ月後、

関係は回復!ヽ(*´∀`)ノ

 

先輩の方が私を許した、

それもあるでしょうが、

 

私自身も現場からは

悪い事を言わない人という

イメージに変わり、人間関係全体が

スムーズになっていきました。

 

職場の人間関係で

困っている人は多いと感じているので

1つの解決策になると思い公開します。

 

 

スポンサーリンク

陰口・愚痴が人間関係を悪くする理由。

 

愚痴とか陰口を言われる人には、

大抵多くの人がその人に対して

不満を持っているんですよね。

 

だから誰かがポソッ・・・

と愚痴・陰口をこぼすと、

みなが共感し、一気に愚痴の輪が

広がってしまうんです。

 

この段階で、対象者との

関係は悪くなります。

 

一旦広まってしまった愚痴の輪は

収束するのがなかなか難しいです。

というのも、中には愚痴が好物な

人がいたりするからです。

 

こんな人は口が軽いです。

人の情報を集める事で

身を守ろうとしているのか、

どういう心理なのかは

正直わからないのですが、

とにかくよく喋るんですね。

 

時に、あることないこと、

尾ひれつけて喋ったりします。

 

スピーカーになってしまうんです。

 

愚痴が広まってしまったら、

その件は諦めるしかないかもしれません。

 

内容によっては、

その段階で謝ってもよいと思います。

 

私の場合は、

悪いことしたな・・・とは思いつつも、

心の中ではどうしてもその人が嫌でした。

その為、うっすらと

私が愚痴を言ったことが広まっても、

謝罪や訂正ははしませんでした。

 

 

 

愚痴・陰口が広まることにより

対象者との関係はもちろんの事、

関係者同士も余計な気を使うことになったり、

 

「この人は陰口を言う人だ

 どこで何言うか分からない」と

信頼が損なわれたりし、

人間関係はギクシャクした感じに

なっていきます。

 

その原因は

陰口を言い出した「自分」になるので、

始め共感してくれた人達であっても、

最終的には

「陰口言うあの人面倒くさい」

「疲れるから付き合いたくない」

と思われます。

 

陰口を言ったら、次は自分が陰口を

言われる側になってしまうのです。

 

陰口を言うと、最後は

全ての人間関係が悪くなってしまうのです。

((((;゚Д゚)))))))

 

愚痴・陰口をやめると人間関係が回復する理由。

 

愚痴・陰口を言わなければ、

誰かを傷つける事もないし、

自分の信頼を損なう事もありません。

人間関係も崩れません。

 

一旦広まった陰口を

無かった事にするのは

難しいですが、

 

今、この瞬間から

愚痴や陰口を言うのを一切やめる事で

状況は改善していきます。

 

私は約3ヶ月で、

こじれてしまった人間関係が

完全に修復されました。

 

私が陰口を言ってしまった

女の先輩が、あまり根に持つタイプ

ではなかった事であったり、

 

私が介護施設で働いていて、

毎日のように顔を合わせる機会がある、

というような、

修復されやすい環境が整っていたから

という理由もあったからかもしれません。

 

そうだとしても、

人の印象は案外あっさり

変わってしまったりするものです。

 

よくドラマに出演した俳優の方が、

役のイメージがついてしまって困る・・・

悪い役で、それがはまっていたりすると、

怖い手紙が来ることもある。」

というような話をされているのを、

TVで観たことはないでしょうか?

 

人は同じような振る舞いを

一定期間の間認識すると、

「この人はこういう人だ!」

と決めてしまうんですね。

 

ずっと疑っているのも疲れるし、

決めてしまうと対応が楽だし。

人は基本苦労が嫌いな生き物です。

 

そんな事もあって、

もし人間関係が崩れてしまっても、

また新たに安定した関わり方を

していくことで、

壊れた関係も直ってしまう事があります。

 

自分の習慣と、

関係者のイメージ更新には

感覚的には最低3ヶ月~半年

くらいは必要に思います。

 

スポンサーリンク

愚痴やめる以外に重要な事。

 

 

愚痴をやめるには、

気分を安定する事が大切ヽ(・∀・)ノ

 

気分が荒くなってしまうと、

悪い思考が理性で抑えられず

勢いで言葉として出てしまいます。

 

ではどうやって気分を

安定させるのかというと、

心地の悪い人や環境から

できる限り距離を置くことです。

 

心地の悪いものが近くにあると

どうしても悪い言葉が

頭に浮かんでしまうはずです。

 

「むかつく」

「気に入らない」

「〇〇はおかしい」

など。

 

そんな居心地の悪い場所を

できる限り避ける事で、

離れている間は冷静さを保つことができ、

当然愚痴を言うこともありません。

 

愚痴を言わない!同調しない!

という強い意識とともに、

居心地の悪い環境を避ける!

というのもとても重要です。

 

私は介護職という仕事上

出勤はシフト制なので、

関係が悪化してしまった人とは

毎日会う、という事はありませんでした。

仕組みにより嫌な環境を

避けることができました。

 

どうしても関係の悪い人と

仕事をともにしなければ

いけなかった時は、

できる限り避けていました。

もちろん不自然にではなく

自然にです。

 

会話が必要な時は

必要な分だけしますし、

業務もちゃんと行います。

 

ただ、

必要以上は関わらない。

 

そう決めて、そう行動する事で、

イライラする事は回避できました。

 

最後に

愚痴・陰口をやめ、

同調するのをやめ、

必要以上に心地の悪い人や

環境に関わらない事で、

 

私の場合は悪化した人間関係を

修復する事ができました。

 

それどころか、以前より

かなり良好な関係になっています。

 

全ての職場や全てに人に

有効ではないかもしれませんが、

記事を読んで下さったあなたに

少しでも役立てたら本当に嬉しいですヽ(*´∀`)ノ

 

人間関係が悪いと、

会社って死ぬほど苦痛ですもんね(^-^;

人間関係回復をお祈りしています。

 

 

スポンサーリンク

-未分類

Copyright© フレフレ30 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.